top of page
検索

こんな症状は自律神経失調症?

人間の各器官(肺、心臓、血管、消化管、膀胱、子宮、内分泌腺など)は、自律神経と呼ばれる交感神経・副交感神経の2つの神経によって支配されています。各器官は、それぞれ反対の作用を起こす働きをしているこの2つの神経の二重支配を受けながら調節されています。


汗や体温の調節、血圧、呼吸、心臓の働き、食べ物の消化など人間にとって重要な活動が、自律神経がうまくバランスを保ち働くことで調節されています。しかし、なんらかの理由で自律神経のバランスが乱れうまく調節できなくなった場合、様々な心身の不調があらわれることがあります。これを一般的に自律神経失調症と呼んでいます。


自律神経失調症は自律神経によって支配されている器官がうまく働かずに心身の不調があらわれる症状です。検査などをしても身体的には病的な異変や異常が見つからない時に診断されます。


自律神経失調症の主な症状は?症状をセルフチェックしてみましょう。


・全身症状:倦怠感、疲れやすい、眠気、食欲不振、身体がだるくて重いなど

・頭:頭痛、目が重い、ボーッとするなど

・呼吸:息苦しい、息切れなど

・心臓:動悸、胸が苦しい、フラフラする、立ちくらみ、不整脈、血圧の変動

・消化管:胸焼け、胃がムカムカする、吐き気、下痢、便秘、みぞおちの痛み、お腹が張りやすいなど

・膀胱:トイレが近い、残尿感がある、尿が出しにくいなど

・生殖器:月経不順、月経痛、不感症など

・その他:冷え、のぼせ、しびれ、震え、耳鳴り、ほてり、肩こり、腰痛、目の疲れ、口の渇き、めまい、汗をかきやすい、不安感、イライラ、緊張、不眠、皮膚の痒みなど


上記の項目で当てはまる症状が少ない人は自律神経にそれほどの失調はきたしてないと思われますが、5個以上当てはまる場合は自律神経に負担がかかり始めている、さらには自律神経失調症になりかけている可能性があります。

最新記事

すべて表示

ゴールデンウィークのお知らせ

4/29月 休診 5/3金・4土 休診 5/6月 休診 5/1水、5/5日、5/8水は通常通り診療いたします 多少、イレギュラーありますが、ご了承ください

快適な腸づくり!

・3食しっかり食べる 1日3食、規則正しくバランスの良い食事が基本。特に朝食は体内時計をリセットし、自律神経のバランスを調えるとともに、腸のぜんどう運動を促します。 ・腹八分目で食べ過ぎない 毎食、満腹になるまで食べると、胃や腸は多くの食べ物を消化するためオーバーワークになります。食べ過ぎは肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなるので、腹八分目を心がけましょう。 ・よく噛んで食べる 食べ物を口の

冷え対策

・肩こりや頭痛の原因になることも 体の免疫機能が正常に働くのは深部体温が37度前後のとき。体温が低いと血流が悪くなり、血中の免疫細胞がちゃんと循環できなくなるため、免疫機能がうまく働かなくなると言われます。 現代人は昔に比べ体が冷えやすい生活様式になっています。例えば、夏は猛暑の屋外とエアコンのきいた涼しい屋内、冬は逆に寒い屋外と暖かい屋内で温度差の激しい環境を頻繁に行き来します。そのたびに血管の

Comments


bottom of page