top of page
検索

タイプによって対策が異なる片頭痛

片頭痛

・脈打つように痛む

・頭の片側が痛むことが多いが、両側のこともある

・頭痛が起こると太陽光を含む明るい光、匂いや音などに敏感になる(あるいは頭痛が始まる)

・1か月に1回〜数回程度痛くなる

・家族に頭痛持ちがいる


緊張型頭痛

・頭が締め付けられる感覚

・圧迫感がある

・頭が重く感じる

・ほぼ毎日痛い(頭が重く感じる)

・運動習慣がない



片頭痛が起きてしまったとき


対策①

片頭痛になると、光や音に敏感になる傾向があるため、カーテンを閉める・部屋の照明を落とすなどして安静に!


対策②

痛む部分をアイスパックや氷で冷やす


対策③

カフェインを摂る

※飲み過ぎると逆に痛みが強くなってしまうこともあるので、注意!


対策④

頭痛日記を始めよう!

自分の頭痛のタイミングや特徴わ知ることで、痛みが起こる要因を知るカギになりす。頭痛が起こった時間や、その時になっていたことなど、、、



緊張型頭痛が起きてしまったとき


対策①腕回しや腕振り体操など、緊張した筋肉を緩める体操が効果的です。


対策②

お灸の代わりにホットタオルやドライヤー

ホットタオル(タオルを濡らして軽く絞りレンジで温める、冷めないようビニール袋に入れる)を、首の後ろや肩に乗せて暖める。


ドライヤーは弱風にし、温風を首の後ろなどあてたい部分から20センチ程度離したところから、軽く動かしながら 1〜2分あてて暖めます。

最新記事

すべて表示

ゴールデンウィークのお知らせ

4/29月 休診 5/3金・4土 休診 5/6月 休診 5/1水、5/5日、5/8水は通常通り診療いたします 多少、イレギュラーありますが、ご了承ください

快適な腸づくり!

・3食しっかり食べる 1日3食、規則正しくバランスの良い食事が基本。特に朝食は体内時計をリセットし、自律神経のバランスを調えるとともに、腸のぜんどう運動を促します。 ・腹八分目で食べ過ぎない 毎食、満腹になるまで食べると、胃や腸は多くの食べ物を消化するためオーバーワークになります。食べ過ぎは肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなるので、腹八分目を心がけましょう。 ・よく噛んで食べる 食べ物を口の

冷え対策

・肩こりや頭痛の原因になることも 体の免疫機能が正常に働くのは深部体温が37度前後のとき。体温が低いと血流が悪くなり、血中の免疫細胞がちゃんと循環できなくなるため、免疫機能がうまく働かなくなると言われます。 現代人は昔に比べ体が冷えやすい生活様式になっています。例えば、夏は猛暑の屋外とエアコンのきいた涼しい屋内、冬は逆に寒い屋外と暖かい屋内で温度差の激しい環境を頻繁に行き来します。そのたびに血管の

Comments


bottom of page