top of page
検索

マスクと消毒液による皮膚トラブル

マスクや消毒液で、かぶれたり手荒れを防ぐために普段から私たち自身で出来るセルフケアを行いましょう。


お肌のケアには、保湿剤が一番です。市販の保湿剤もたくさんありますが、ご自身の肌に合うものを選んで、乾燥しやすい部分は保湿剤で日々ケアをしましょう。


また、マスクはご自身の顔に合わせて付け心地やフィット感が良いものを選び、隙間が出来ないよう付けることが大切です。顔にフィットしていれば、ある程度は摩擦によるかぶれを防ぐことが出来るそうです。


消毒液とハンドソープを使い分ける


最近では、感染予防のため、1日に何度も手指消毒をするのが当たり前になっています。


多くの消毒液は、タンパク凝固作用を持っているため、敏感肌には決してよくありません。


一方で石鹸は界面活性剤であるため、消毒液よりは肌に優しいと言えます。石鹸(ポンプ式の泡で出るハンドソープがオススメ)できちんと手を洗うだけでも十分にウィルスを洗い流すことが出来ます。


手荒れが気になる方は、家庭では石鹸で手洗いをして、外出時には消毒液を使用するなど使い分ける事がお肌のケアにつながります。

最新記事

すべて表示

ゴールデンウィークのお知らせ

4/29月 休診 5/3金・4土 休診 5/6月 休診 5/1水、5/5日、5/8水は通常通り診療いたします 多少、イレギュラーありますが、ご了承ください

快適な腸づくり!

・3食しっかり食べる 1日3食、規則正しくバランスの良い食事が基本。特に朝食は体内時計をリセットし、自律神経のバランスを調えるとともに、腸のぜんどう運動を促します。 ・腹八分目で食べ過ぎない 毎食、満腹になるまで食べると、胃や腸は多くの食べ物を消化するためオーバーワークになります。食べ過ぎは肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなるので、腹八分目を心がけましょう。 ・よく噛んで食べる 食べ物を口の

冷え対策

・肩こりや頭痛の原因になることも 体の免疫機能が正常に働くのは深部体温が37度前後のとき。体温が低いと血流が悪くなり、血中の免疫細胞がちゃんと循環できなくなるため、免疫機能がうまく働かなくなると言われます。 現代人は昔に比べ体が冷えやすい生活様式になっています。例えば、夏は猛暑の屋外とエアコンのきいた涼しい屋内、冬は逆に寒い屋外と暖かい屋内で温度差の激しい環境を頻繁に行き来します。そのたびに血管の

댓글


bottom of page