top of page
検索

天気によって引き起こされる体調不良に、なぜ「温活」が効果的なのか、体を温めるには何をすれば良いのか?

天気が変化する事で、様々な不調を引き起こし体に影響を及ぼしていますが、これには自律神経の働きが大きく関わっています。自律神経には心や体を活動的な方向に促す「交感神経」と安らぐリラックスする方向に促す「副交感神経」の2つがあります。気温が上がると自動的に交感神経が働いて発汗を促し、気温が下がると血管を収縮させ熱が逃げないようにするなど、命に関わる体の重要な機能をコントロールしています。


しかし、この2つの調整がうまくいかなくなると「自律神経失調症」状態となり、めまいやだるさなど様々な体調不良を引き起こします。血管は血液を体の各所に送るための通路であり、血液は細胞に水分・酵素・栄養を与えて老廃物を回収するという役割を担っています。冷えによって血流が低下すると、このメカニズムが停滞し不調が起こりやすくなります。また、「免疫力」は体温が一度下がるとかなり低下し、白血球の働きが鈍くなって感染症や生活習慣病、ガンなどにかかるリスクも高くなりますが、逆に一度上がるとアップすると言われています。すなわち、「温活」こそ気候による様々な不調の改善に有効な方法です。


運動、食、癒しの3つの解決策をご紹介します。


まずは、運動。筋肉を増やすと熱をたくさん作る事ができるので、体の中で大きな筋肉を使うウォーキングやスクワットなどできる範囲で毎日行いましょう。


次に自律神経のバランスを整えるには、腸の働きをよくする事。食物には体を温める作用と冷やす作用があるので、食材の寒熱を知って食べるよう心がけましょう。


そして、癒し。いつも緊張状態にある目・首・肩・腰などを温める事で、交感神経が抑えられ副交感神経が優位となりリラックスできます。また、深呼吸によって副交感神経に切り替わるので、深く息を吸って体中に酸素をいき巡らせましょう。

最新記事

すべて表示

冷え対策

・肩こりや頭痛の原因になることも 体の免疫機能が正常に働くのは深部体温が37度前後のとき。体温が低いと血流が悪くなり、血中の免疫細胞がちゃんと循環できなくなるため、免疫機能がうまく働かなくなると言われます。 現代人は昔に比べ体が冷えやすい生活様式になっています。例えば、夏は猛暑の屋外とエアコンのきいた涼しい屋内、冬は逆に寒い屋外と暖かい屋内で温度差の激しい環境を頻繁に行き来します。そのたびに血管の

年末年始のお知らせ

鍼灸院Tidaは、年内は12/29金曜日までとなります。 年明けは、1/4木曜日から通常通り診療いたします。 今年の疲れは今年のうちに対処して、来年も良い年を迎えるべく身も心もスッキリさせましょう^ ^

歩くとこんなにイイこと

災害的な猛暑から解放され、歩くのが気持ち良い気候になってきましたね。 さまざまな科学的根拠で、歩く効果が明らかに。 ・気分スッキリ 一定のリズムで体を動かすにより、気分をスッキリさせるセロトニンという神経物質が分泌されやすくなります。 ・肥満を改善して、血圧・血糖値を下げる 歩くことは生活習慣病を予防改善するための、絶好の有酸素運動。体脂肪を減らしたり、血圧や血糖値を改善する効果が…。 ・肩こりや

bottom of page