top of page
検索

更年期障害

40代からは更年期に向かって徐々に女性ホルモンが低下。基礎代謝も下がってくるので太りやすくなり、筋力も落ちてきます。冷えの原因であり、血流低下を引き起こす動脈硬化も進んできます。一方、冷えを改善すると更年期に起こりやすい様々な不調が起こりにくくなる事が分かっています。



更年期障害

閉経の前後5年ずつの10年間を更年期と言います。日本人女性の閉経の平均は役50歳なので、45〜55歳くらいが更年期となります。更年期はエストロゲンの急激な低下により、ホットフラッシュ(冷え、のぼせやほてり)、イライラの気持ちや落ち込みなどの精神的な症状や不眠、関節痛などが起こりやすくなります。こうした症状がひどくなり、日常生活に支障をきたす状態を更年期障害といいます。



冷え対策のおすすめ運動

  • 肩回し体操:肩甲骨を重点的に動かす事で体の代謝が活発になります。

  • 竹踏みやゴルフボール、マッサージボールなどで、足裏の刺激:下半身の血流を促進し、冷えを改善します。

  • ウォーキング:適度なウォーキングは全身の血の巡りを良くします。まずは早歩きのスピードで、1日20分くらいから始めてみましょう。

  • スクワット:筋トレの一種で、下半身の大きな筋肉を鍛えます。ウォーキングなどとセットにする更に効果的です。

最新記事

すべて表示

ゴールデンウィークのお知らせ

4/29月 休診 5/3金・4土 休診 5/6月 休診 5/1水、5/5日、5/8水は通常通り診療いたします 多少、イレギュラーありますが、ご了承ください

快適な腸づくり!

・3食しっかり食べる 1日3食、規則正しくバランスの良い食事が基本。特に朝食は体内時計をリセットし、自律神経のバランスを調えるとともに、腸のぜんどう運動を促します。 ・腹八分目で食べ過ぎない 毎食、満腹になるまで食べると、胃や腸は多くの食べ物を消化するためオーバーワークになります。食べ過ぎは肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなるので、腹八分目を心がけましょう。 ・よく噛んで食べる 食べ物を口の

冷え対策

・肩こりや頭痛の原因になることも 体の免疫機能が正常に働くのは深部体温が37度前後のとき。体温が低いと血流が悪くなり、血中の免疫細胞がちゃんと循環できなくなるため、免疫機能がうまく働かなくなると言われます。 現代人は昔に比べ体が冷えやすい生活様式になっています。例えば、夏は猛暑の屋外とエアコンのきいた涼しい屋内、冬は逆に寒い屋外と暖かい屋内で温度差の激しい環境を頻繁に行き来します。そのたびに血管の

Comments


bottom of page