top of page
検索

骨粗鬆症が背骨の圧迫骨折を招く

かかと、お尻、背中を壁につけて真っ直ぐ立ち、後頭部を壁につけてみて下さい。後頭部が壁につけられない、つけようとすると背中やお尻が壁から離れてしまう…。


こういった場合、骨粗鬆症によって背骨が圧迫骨折しているかもしれません。


骨折というと痛みを伴うイメージがあると思いますが、圧迫骨折は日常生活の中で徐々に背骨がつぶれて骨折に至るため、痛みが伴わない事がほとんどです。しかし、一か所でも圧迫骨折を起こすと、その上下の背骨に大きな負担がかかり連鎖的に骨折が生じ、場合によっては激しい腰痛や背部痛を招く事があります。


一方、転倒による骨折で最も多いところは太ももの付け根(大腿骨骨折)。ここが骨折すると手術になる確率が高く長期間の安静を要し、寝たきりのリスクが高まります。


垂直方向に力がかかる運動が骨を強くする


圧迫骨折や転倒での骨折予防に普段から骨を丈夫にするために、ぜひ取り組んでいただきたいのが運動です。


地面を強く踏みしめる足踏みや縄跳び、ジョギングなどの運動は垂直方向に強い力がかかるので骨作りに有効です。ウォーキングの場合は、背筋を伸ばして歩幅を広めにとり、少し早めの速度で歩く事を意識しましょう。


もう一つ骨作りに欠かせないのが食事です。骨の材料であるカルシウムはもちろん、ビタミンDやK、タンパク質なども積極的に摂るようにしましょう。

最新記事

すべて表示

🎌休診のお知らせ🎌

6/28(金)〜7/3(月)まで、帰省のため休診となります。 7/4(木)より、通常通り診療致します。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。 ※6/26(水)は、通常お休みのところ診療致します。

ゴールデンウィークのお知らせ

4/29月 休診 5/3金・4土 休診 5/6月 休診 5/1水、5/5日、5/8水は通常通り診療いたします 多少、イレギュラーありますが、ご了承ください

快適な腸づくり!

・3食しっかり食べる 1日3食、規則正しくバランスの良い食事が基本。特に朝食は体内時計をリセットし、自律神経のバランスを調えるとともに、腸のぜんどう運動を促します。 ・腹八分目で食べ過ぎない 毎食、満腹になるまで食べると、胃や腸は多くの食べ物を消化するためオーバーワークになります。食べ過ぎは肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなるので、腹八分目を心がけましょう。 ・よく噛んで食べる 食べ物を口の

Comments


bottom of page